JTF<ほんやく検定>の受験において、検定試験の申込み及び受験者限定サービス(以下、総称して「本サービス」)をご利用いただくには、一般社団法人日本翻訳連盟(以下「当連盟」)に対して、検定ユーザー登録を申込み、当連盟が承認することが必要です。なお、検定ユーザーとは当連盟の承認により、検定受験のためにユーザー登録された方を指します。また、ユーザー登録をご希望される方は、本ページのほんやく検定ユーザー規約(以下「本規約」)をご確認の上、内容に同意される方は「上記規約に同意しますか?」で「はい」を選択してください。


本サービスの提供は、当連盟が行います。本規約では、当連盟が管理する本サービスを利用するに当たっての検定ユーザーの権利と義務が規定されています。本サービスの利用に際して、「上記規約に同意しますか?」で「はい」を選択されると、検定ユーザーが本規約の全ての条件に同意されたものとみなします。
 
第1条 本規約の適用範囲と変更
1項 本規約は、本サービスを提供する当連盟、及び検定ユーザーに適用されるものとします。本サービスの利用に際して、「同意する」ボタンをクリックすることで本規約の内容に同意を表明し、本規約の内容を承諾しているものとみなします。
2項 本規約には公開テストの受験要領、当連盟の個人情報保護方針(JTF公式サイトにプライバシーポリシーとして掲載)、その他の本サービスの運用上の規定も含まれます。
3項 当連盟は、本規約を予告なしに変更することがあります。改訂後の規約については、遅滞なく 本サイト内に掲載するものとします。

第2条 本サービスの構成
1項 検定ユーザーは、ID及びパスワード(以下、総称して「認証情報」)を利用することにより、本サイト内に記載されているサービスを利用することができるものとします。 2項 当連盟は、第11条に定める通知をもって、前項に定める本サービスのメニュー内容を追加・変更又は削除することができるものとします。

第3条 認証情報
1項 検定ユーザーは、本サービスを利用するために認証情報を必要とします。
2項 認証情報は、所定の要件を満たす範囲内において検定ユーザーが任意に設定することができます。ただし、他のユーザーによって登録され利用中のIDは設定できません。
3項 検定ユーザーが二つ以上のIDを保有した場合、ユーザー本人であることの確認ができても、当連盟はその登録情報やテスト結果を統合いたしません。

第4条 認証情報の管理義務
1項 検定ユーザーは、認証情報の使用及び管理について一切の責任を負うものとし、第三者に使用させること、貸与、譲渡等をしてはならないものとします。
2項 認証情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は検定ユーザーが負うものとし、当連盟は一切の責任を負いません。
3項 認証情報が盗まれた、もしくは第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当連盟にその旨を連絡するとともに、当連盟からの指示に従うものとします。その間、ユーザーが被る被害については、当連盟は一切の責任を負いません。
4項 認証情報を紛失した場合はログイン画面に表記された内容に従い、手続きを行うものとします。
5項 検定ユーザーは所定の手続きに従って、パスワードを変更することができます。パスワードの変更はログイン後、マイページ内の「登録内容の変更」から行うものとします(パスワードは、安全確保のため、定期的に変更することをおすすめします)。

第5条 利用申込
1項 本サービスの申込みは、ユーザー規約に同意の上、所定の手続きに従ってユーザー登録の申込み(以下「利用申込」)を行うものとします。
2項 利用申込をする際には、自分自身についての最新かつ正確な情報を登録するものとします。
3項 前項の登録内容に不備があったことで申込者が不利益を被ったとしても、当連盟は、一切その責任を負いません。
4項 利用申込を行った後に、当連盟がその内容を承認した場合、当連盟は申込者に対して利用申込時に登録したE-mailアドレス宛に利用申込が完了したことを通知します。利用申込の完了通知をもって、ユーザーとして本サービスを利用できるものとします。セキュリティ上の理由から、マイページログインに必要なパスワードは送信しません
5項 ユーザー登録の有効期間は無期限とし、登録料は無料とします。
6項 登録情報について、当連盟は第7条の定めに従い使用することができるものとします。

第6条 登録情報の変更
1項 検定ユーザーは、登録情報の内容に変更が生じた場合、速やかに所定の変更手続きを行うものとします。変更手続きは変更の申告時期によって手続きが異なるため、当連盟の指示に従ってください。なお、婚姻による姓の変更など、当連盟が承認した場合を除き、申込時に申告した氏名を変更することはできないものとします。
2項 前項の変更手続きをしなかったことにより、不利益を被った場合でも、当連盟は一切その責任を負いません。

第7条 個人情報の取扱い
1項 個人情報の利用目的及び提供について
本サイトにご登録いただきました個人情報は本サービスのユーザー登録、当連盟の事業・新事業開発・データ収集のためのご案内・アンケートの実施、検定試験、その他当連盟が提供する事業に関する情報提供及び前述の目的達成のための電話・メール・郵便などでの連絡などに利用いたします。
2項 個人情報の第三者提供について
当連盟は、取得した個人情報は、ユーザーの同意をいただいた範囲内においてのみ取り扱うこととし、人の生命、身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合、その他個人情報保護法第23条第1項各号所定の場合を除いては第三者に提供・開示いたしません。 3項 個人情報の委託について
当連盟は本条第1項の利用目的達成のために必要な範囲内で、委託先と個人情報の適切な保護に関する契約を締結した上で個人情報の処理を委託する場合があります。
4項 個人情報に関するお問い合わせについて
当連盟にご提供いただいた個人情報の開示、訂正又は削除などを希望される場合は、ユーザーご本人である証明書を確認した上で対応いたします。詳細はJTFほんやく検定事務局までお問い合わせください。
5項 個人情報の取扱いの同意について
16歳未満の方は登録前に保護者の同意を得てください。

第8条 ユーザー資格の一時停止、サービス利用停止処分
当連盟は、ユーザーが次のいずれかに該当する場合、事前に当該ユーザーに何らの通知又は告知をすることなくユーザー資格を一時的に停止し、又はユーザー資格を取り消し、サービス利用停止処分とすることができるものとします。この場合、登録情報、認証情報の復旧はできません。
(1)ユーザーが死亡したとき、又はユーザーが実在していないことが判明したとき
(2)登録された電話番号、E-mailアドレス等に通信してもユーザーとの連絡がとれなくなったとき
(3)ユーザーが、利用申込の際の申告事項に、事実と異なる記載(第三者へのなりすまし、虚偽の記載、誤記、記入漏れ等)を行っていたとき
(4)ユーザーが、ユーザー規約に違反したとき
(5)ユーザーが、指定料金の支払いを遅延、又は拒否したとき
(6)ユーザーが、サービスの申込時に決済手段として届け出たクレジットカードの名義人ではないことが判明したとき
(7)ユーザーが、サービスの申込時に決済手段として届け出たクレジットカードが、カード会社等により、利用停止、又は無効扱いされたとき
(8)ユーザーから破産の申立てがあったとき。ただし、それまでに申し込んでいる当連盟の検定試験の受験料、その他の債務は、サービスの利用停止の事由を問わず、その債務が履行されるまで消滅しない。
(9)ユーザーが、本サービスの利用を継続することにより、当連盟が、自らの業務の遂行上又は技術上の支障が生じると判断する合理的事由が生じたとき
(10)当連盟の権利・財産を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為があったとき
(11)その他、当連盟が合理的事由により検定ユーザーとして承認することが不適当と判断したとき
(12)当連盟は、検定ユーザーの2年間の本サービスの利用がなく、当連盟からの通知又は告知に対しての返答がない場合は、本サービスの利用停止ができるものとする。

第9条 本サービスの変更・中止・中断・終了
1項 当連盟は、本サービスの運営に関し、必要と認める場合、当連盟の裁量において、ユーザーの本サービスへのアクセスを制限することができるものとします。
2項 当連盟は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を変更・中止・中断・終了できるものとします。
(1)サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行なう場合
(2)通信回線の故障、又は火災、停電、天災地変、戦争などの不可抗力により、本サービスの提供が困難になった場合
(3)その他本サービスを提供できない合理的事由が生じた場合
3項 当連盟は、前項の規定により、本サービスの運営を変更・中止・中断・終了するときは、あらかじめその旨検定ユーザーに通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではありません。
4項 当連盟は、検定ユーザーに対する一定の予告期間をもって本サービスの一部もしくは全部のサービスを終了することができるものとします。

第10条 利用停止
1項 検定ユーザーが本サービスの利用を停止する場合は、ログイン後、「登録内容の変更」メニューから「サービス利用停止」を選び、説明に従って手続きを行うものとします。本サービスの利用を停止した場合、登録情報、認証情報の復旧はできません。
2項 ユーザーが本サービスの利用を停止した際は、それまでに申し込んでいる検定受験料、その他の債務は、サービスの利用停止の事由を問わず、その債務が履行されるまで消滅しません。

第11条 通知
1項 ユーザーへの通知(規約の改訂、サービスの追加、変更及び廃止等を含む)は、当連盟からのE-mail、本サイト又は当連盟が運用する検定公式サイト上での表示により行われるものとします。
2項 前項の通知は利用申込時に登録したE-mailアドレス宛の発信、本サイト又はJTF検定公式サイトに表示された時点から効力を生じるものとします。
3項 前項のいずれかの方法により検定ユーザーに通知を行った場合、通知日をもって、ユーザーが同通知の内容に同意したものとみなします。

第12条 責任
1項 検定ユーザーに対する当連盟の責任は、ユーザーが支障なく本サービスを利用できるよう、善良な管理者の注意義務をもって本サービスを運営することに限られるものとします。
2項 当連盟は第9条により、ユーザーに損害が生じたとしても、いかなる責任も負いません。3項 検定ユーザーが本サービスを利用して、当連盟、他のユーザー、カード会社その他第三者に損害を与え、何らかの請求や訴訟などが提起された場合には、ユーザーはその一切の損害について賠償の責めを負うものとします。

第13条 設備等
1項 本サービスを利用するために必要な設備(PC、モデム、ルーター、プリンター、その他の必要なPC周辺機器類を含みます)やインターネットに接続可能な環境は、ユーザーが自らの費用と責任で準備するものとします。本試験当日、ユーザーのPC設備に何らかの不具合が発生した場合、当連盟はいかなる責任も負いません。また、本サービスへのアクセスにかかる通信費用についても、ユーザーの負担とします。
2項 ユーザーは、ユーザーの機器・設備によっては、本サービスの利用に関して制約を受ける場合があることを了承します。

第14条 全般
本サービスに関連して、検定ユーザーは当連盟との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。
本サービスの利用に関しては、日本法に拘束されることに同意するものとし、また、本サービスの利用について訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

制定日:2013年4月1日
個人情報保護管理者
一般社団法人日本翻訳連盟
理事・ほんやく検定委員長 植田忠志

 文書を最後までスクロールさせ、全文をお読みになり、同意される場合は「はい」を選択してください。

上記規約に、同意しますか? はい いいえ